期間限定お一人様17800円!!年末年始 謝恩団体貸切マイクロバスパックヾ(≧▽≦)ノ

   冬は暖かな西伊豆堂ヶ島温泉! 1泊2日の旅  17800

   お客様のご希望日に10名様より出発!

今回は年末年始に日頃お世話になっているお客様へ感謝を込めて「バス代金、有料道路代、宿泊代等込みで伊豆堂ヶ島へ17800円で行ける!ヾ(≧▽≦)ノ地域共通クーポン4000円付き!」という企画を作らせていただきました。
1泊2日西伊豆堂ヶ島温泉へ向けて、1日目は沼津港の「沼津魚市場」で地域共通クーポンを使ってお好きなお店で新鮮な魚料理を召し上がっていただき、修善寺にて竹林のを散策、西伊豆スカイラインを走って日が落ちる前に堂ヶ島温泉へ到着予定ですので、ゆっくりと夕日を眺めながら温泉にお浸かりください。

2日目は西伊豆の絶景と言われる黄金崎へお立ち寄り、伊豆ラスク工場の後に浄蓮の滝にて昼食、再び沼津に戻り帰路につくボリュームのある行程になります。
2020年 12月1日~2021年 1月31日までの期間限定企画になります。
時期的に忘年会や新年会シーズンになり、地域での「お疲れ様会」等でGO TOトラベルキャンペーンが適用される今、1泊2日で催されてみてはいかがでしょうか( ^ω^ )
※当社にマイクロバスは1台しかありませんので、ご予約はお早めに(^◇^)

お客様のご希望日に出発!
2020年 12月1日~2021年1月31日(月~金出発。土・日・休前日、12/29~1/5は除く)
最少人数10名様、最大人数14名様。

GOTOトラベル事業支援対象&西伊豆町観光バス補助金利用

                                 写真はすべてイメージです。

ご行程
1日目
乗車地―東名道―沼津魚市場(自由昼食になります。GO TOクーポンで新鮮な海鮮をお召し上がりください)-修善寺竹林の小径―西伊豆スカイライン※達磨山―堂ヶ島温泉 海辺のかくれ湯「清流」
2日目
ホテル―黄金崎―クリスタルパーク伊豆ラスク工場浄蓮の滝―沼津(ショッピング)-東名道-降車地

お支払実額 17,800円(10~14名様貸切、1室5~6名様利用、1泊3食)
旅行代金27,350円-支援額9,550円=17,800円  
地域クーポン 1名につき 4000円

★旅行代金・支援額・地域クーポン・お支払い実額(おひとりさま)
  旅行代金(A)        27,350円
  旅行代金への支援額(B)   9,550円
  お支払い実額(A-B)    17,800円

  地域クーポン(1名につき)  4,000

★この旅行はGOTOトラベル事業支援対象です。
[支援金の受領について]国からの支援金はお客様に対して支払われますが、当社は支援金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する支援金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いただくこととなります。なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。お客様は、当社による代理受領についてご了承のうえお申込みください。
[地域クーポン]※表示された金額分の地域クーポンをお渡しします。

ご予約可能な送迎エリア
千葉市、四街道市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、八街市、市原市、木更津市、茂原市、大網白里市、長南町、長柄町、一宮町、長生村、睦沢町

お申込み方法

お電話、FAX又はメールにてお申込み、ご希望等をお聞かせください。     →

・ご希望のお日にち
・コース名
・ご希望の乗降場所  →
・団体名
・ご人数

・代表者様のお名前
・ご住所  

ご連絡先のお電話番号 

お申込み後、ご行程表、ご旅行代金、確認書に関する書類をお送りいたします。

・お申し込みは、お電話、FAXまたはメールで承ります。
・お申込みに際しまして、お名前、ご住所、お電話番号、ご乗車場所をお申し出ください。
 なお、車椅子をご利用の方は事前に必ずお申し出ください。
・当社は、出発の前日、もしくは前々日に出発確認のご連絡をお電話にて差し上げております。

ご乗降場所について

・ご乗車場所はお客様ご指定の場所へお迎えに上がりますが、法律上停められない場所、5分以上停車できない、バスが入れない場所はお断りさせていただく場合がございます。
・ご乗車場所を正確に把握するため、地図をお送りいただければ幸いです。

キャンセル料について

・お申込後にお客様のご都合でお取消しになる場合は、旅行代金に対し下記の料率で取消料(又は違約料)を申し受けます。
但しお取扱は、お電話で当社営業時間内(月~金 10:00~17:00)とさせて頂きます。

旅行開始日の前日から起算してさかのぼって 宿泊付旅行 日帰り旅行
21日目に当たる以前の解除 無料 無料
20日目に当たる以前の解除 旅行代金の20% 無料
10日目に当たる以前の解除 旅行代金の20% 旅行代金の20%
7日目に当たる以前の解除 旅行代金の30% 旅行代金の30%
旅行開始日の前日の解除 旅行代金の40% 旅行代金の40%
旅行開始当日・開始後の解除 旅行代金の100% 旅行代金の100%

お客様へのお願い

・天災及び道路交通状況等により予定の時間通り運行できない場合がありますが、あらかじめご了承ください。
・現地の気象状況は急激に変化することがありますので雨具(折り畳傘等)をご用意ください。
・皆様に快適な旅をして頂くため、バス車内でのシートベルトの着装・禁煙にご協力お願い致します。
・新型コロナウィルス対策により乗降前に検温、アルコール除菌にご協力ください。

旅行企画実施
千葉県知事登録 第2-362号
(社)全国旅行業協会正会員
㈱愛和旅行
千葉県茂原市上茂原126-35
TEL 0475-25-8060
FAX   0475-25-8410
tourinfo@aiwa-ryokou.com

10月30日~11月1日 松島と小名浜に行ってきました(^_^)/

今回はいつもお世話になっている旅行会社様ですが、私は初めてお仕事をさせて頂きますwww

朝の点呼と点検を終え、いつも通り配車時間の30分前に到着しようと思い早めに出発しました。
朝の圏央道はほとんど車が通らずスイスイ走れますね(^_^)
君津ICを降りて添乗員さんとの待ち合わせ場所のコンビニに・・・1時間も早く着いてしまった(^_^;)

コーヒーを飲んだり、コースの確認をしていると添乗員さんがいらっしゃいました。

添乗員さんにお客様をお乗せする場所まで案内して頂きながら行程の打ち合わせをし、後は雑談www

今回の配車場所は君津で2か所。
1か所目で数名お乗せして2か所目に配車したとき、キャンプで使うようなクーラーボックスが3つ!!
これは私もお手伝いしなきゃと思い、1つのクーラーボックスに3人がかりで運びました笑

みなさんお揃いになり、ご挨拶をして出発です。

バスが出発して5分経たずにビールの蓋を開ける音がwww
みなさんご旅行を楽しみにされていたというのが伝わってきますね(^○^)

出発して最初のPA海ほたるに寄り、松島に向かいます。

那須高原SAで少し長めに休憩でしたので撮影してきました。

この日はとても天気がよく、暖かくて風は程よく冷たい過ごしやすい日でした。

さて、この後は福島に入り昼食場所のアサヒビール工場に向かいます。

今回は工場見学は無しで昼食のみです。

ジンギスカン!!
久しぶりに食べました(^_^)/

みなさん食べ放題飲み放題で満腹で帰って来られました笑

昼食の後、バスはまたひたすら松島に向かって走ります。

松島に到着してから少し観光をするので、早めに到着しないと!

松島に到着!
この日は15時くらいに着きまして、ホテルが近くなのでゆっくり時間を取ることができました。

私も松島に久しぶりに来ました。
以前きたときは、まだ写真を撮る趣味を持っていなかったので今回はバシバシ撮りました(^。^)

段々日が沈んできたころお客様が帰ってこられました。
気温も低くなり、温泉に気持ち良く入れそうな感じでしたね。

松島から少し離れた場所に今回のホテル「花ごころの湯 新富亭」があります。

2日目になりました。
お客様は呑み疲れもなく元気にバスに乗って来られました)^o^(

この日は松島遊覧船に乗り船旅を楽しんで頂きます。
ちなみに私は皆様を降ろした後、回送して塩釜港まで行きます。

塩釜港に到着して、しばらく時間がありましたので撮影してきました。

この塩釜港マリンゲートはいくつかのお店が入ってまして、みなさん「笹かま」とか買っていました。

さて次は、昼食をとるため小名浜に向かいます。

塩釜がら約2時間ほど走り小名浜「ら・ら・みゅう」に到着です。
平日ということもあり、あまり人は多くありませんでしたね。

こちらで自由昼食になります。
私も自由に食べたいものを食べに行きました(^o^)
といっても海鮮丼なんですけどね笑

昼食の後は、千葉に向かって走ります。

圏央道ができる前は、東北道から首都高速中環状線を走って、ほぼ渋滞に巻き込まれていましたが、圏央道ができてからは一本道で東関道へ接続できて渋滞の心配もほとんどなくなり楽になりましたね(^O^)

うろ覚えですが、東関道に入ってからみなさま疲れが出てきたのか車内はだいぶ静かでした。

降車地に近づく頃、休まれているお客様もだんだん目が覚めてきたようで幹事さんや添乗員さんのご挨拶のときにはみなさん元気になっていましたね。

お客様と添乗員さんとお別れをしまして、私の仕事は終了です。
君津ICから高速道路に乗り、「あっ!ホテルでお料理撮ってくるの忘れた!」と思いながら無事に車庫に到着しました。

                                                  N・I