11月14日にセレガ、ガーラのフェンダー点検を行いました(^。^)

皆様こんにちは\(^o^)/
いつも弊社HP・インスタグラム・FBをご覧くださりありがとうございます。

今回は11月14日に行った、フェンダー点検の内容を書こうと思います。

最近弊社HPをご覧になられた方から「整備の話面白かったです!!」という嬉しいお言葉をいただきまして、整備の記事もボリューム持たせようと思った次第です笑

今回使用する道具はこちら

毛先の長いナイロンブラシと豚毛のブラシです。
通常はナイロンで揃えるところですが、私は豚毛を使います。
理由は後ほど笑

バスのリアフェンダーです。
今回は時間が経って開閉しづらくなったフェンダーのメンテナンスをします。
この作業をなぜしなければならないかというと、雪国に行きタイヤチェーンをまかなければならない状況になったときにフェンダーを開けて作業をする場合があります。
もちろんこれだけフェンダーとタイヤの空間があればフェンダーを開けずに作業することもできるのですが、「寒い、視界が悪い、チェーンが重くてタイヤにチェーンがうまくかからない」という悪状況になったときフェンダーを開けて作業するほうがずっと効率よく、体力の消耗を防げます(^○^)

フェンダー開閉のボタンです。
ここを押してフェンダーのロックを解除するのですが、硬すぎて押せないwww

裏側を見てみると

こうなっています。
この大きな爪でロックしていまして、この爪がボタンを押しても動かなくなるんですね。

そこでこうします

マイナスドライバーを刺して、こじ開けます。
マイナスドライバーの種類は普通のではなく貫通ドライバーのような頑丈なものが良いです。
注意点としてはいきなりガンガン刺すのではなく、少しづつゆっくりやります。
ガンガンやると爪が曲がってしまいます笑

開きました!

わかりにくいですが、かなり汚れていますね。
しかも爪が戻らない(-_-;)

ダンパーの付け根も汚れていますね。

この汚れをパーツクリーナーをかけてナイロンブラシで汚れを落とします。

これくらい落ちていれば問題ないです(^○^)
ボタンも軽くなり、爪がちゃんと元に戻るようになりました。
しっかり油を吹きかけておきます。

汚れたダンパーの付け根もしっかり汚れを落とし、注油します。

もちろんですが、ダンパー本体にも注油します。
後、ダンパーのアウターチューブに注油するのを忘れてはいけませんね(´∀`)

タイヤハウスの隣にはショックアブソーバーがあります。
ついでなのでブッシュに油を吹きかけておきましょう。
ブッシュにヒビ入ってる笑

さてついでにフロントフェンダーもやっておくことにします。
フロントフェンダーはリアフェンダーのように複雑にはなっていないので作業が楽です\(^o^)/

チョウネジでおさえられています。
固くて回らないので、プライヤーを使って回します。

ネジを取ると

こんな具合になります。
汚れていますね、ネジ山まで汚れているのがよく見なくてもわかります笑

フェンダーを開くとこんな感じです。
ボディ側の汚れは乾いたたわし等で汚れを落とすくらいでよいと思います。

早速ネジ山の掃除から始めましょう(^。^)

ここで必要になるのが豚毛のブラシです。

こんな風にして掃除します。
冒頭で省略した理由ですが、ナイロンブラシだと毛が固くて溝に入り憎いんですね。
もう一つの理由は奥まで入ってくれないという理由です。
この2つの理由で私は豚毛のブラシを使っています。

次に外したネジです。

かなり汚れています。
ネジの先に汚れが付いている、ということは見えない奥の方も汚れているということですねw
パーツクリーナーをかけまくって汚れを落とします。

だいぶ落ちましたが、まだまだ。
若干の錆が出ていますね、真鍮ブラシで落とします。

このくらい落ちれば問題ないでしょう。

もちろんのことですが、スプリングワッシャーとワッシャーも綺麗にします。
この後は油をたっぷりかけます。

続いて上の方の掃除をします。

ボディ側側面とヒンジの汚れを落とし、油を吹きかけます。
後、フェンダーの稼働部分にも注油するのを忘れてはいけませんね笑

この時の注意点は汚れと吹いた油が下に落ちるので、タイヤに新聞紙とウェスをかけます。

こんな感じに(^。^)

最後にチョウネジに注油して元に戻せば完了です\(^o^)/

念のために接触部分にも油を拭いておきます。

後は同じ要領で反対側とガーラも点検しておきました。

                                                   N・I

スタッドレスタイヤへ交換)^o^(

早朝の冷え込みが厳しくなってまいりました・・・
紅葉が始まり、冬の到来を感じる今日この頃ですね(^O^)

当社では、例年に比べて今年はだいぶ早くスタッドレスタイヤに交換しました・・・
といいますのも、皆様のおかげで今月もだいぶ忙しくさせて頂いており、11月後半に作業をする時間が取れないのです。
なので今年はだいぶ早いですが今のうちに交換してしまおうということになりました笑

いつもお世話になっている業者さんにバスを持っていき、交換してもらいました。

交換している間は私はやる事がないので、ホイールを外したのを見計らいデフやエアサスの写真を撮ることにしました。

フロントのエアサス部分です。
露出を上げすぎたせいかだいぶ白く撮れてしまいました(-_-;)

アッパーアームのブッシュの所にグリスニップルが付いています。
ちゃんとグリスが浸透していますね。
昔乗っていたセレガは「オートグリースター」が付いていましたので運転席にあるボタンを押せば、いろんな場所にグリスが回ってくれたのですが、今のセレガには付いていません(;_;)
タイヤが付いた状態で、私は毎月体をよじらせながら入ってこの部分にグリスを入れています。

リアのハブです。
大きいですね・・・リアはダブルタイヤなのでその分ボルトが長いです笑

デフです。
写真で見ると分かりにくいですが、すごく大きくて太鼓みたいですよ(^○^)

さび止め用の塗装がだいぶ剥がれてしまっていますね。
安全性には影響ないですが、12月に入ったらまた塗装しないといけませんね。

この日1日で3台分全部交換できました。
業者さんにだいぶ無理を言って、頑張っていただきました。
ありがとうございました。

このブログを読んでくださっている皆様も、ぜひヨコハマタイヤさんにしてくださいね(^_^)/~
ちなみにジオランダーというタイヤはおすすめですよ笑

えっと・・・当社のブログを楽しみにしてくださっているお客様には大変申し訳なく思っています。
現在多忙により、9月分からのブログを更新出来ていません(+o+)
時間をみて、完成次第更新いたします。
ごめんなさい。

                                                 N・I

ダイナモの修理・・・(T_T)

一昨日の話です。

お客様がお降りになった後、バッテリー警告灯が点滅してしまいました(;O;)
電圧計を見てみるとアイドリング時に4メモリ、エンジン回転数1500回転で6メモリ・・・エアコンを付けているので6メモリは正常の範囲なのですが、アイドリング時の4メモリが気になるところ。

走行しながら気が付きました。
「あれ?シフトチェンジの時に電圧が一時的に下がっている・・・ダイナモが壊れた?」

急いでディーラーさんに電話をして、緊急入庫しました。
その日はもう遅いので正確も修理もできないので、金曜日までに直してほしいと伝えてバスを預けて帰りました。
無理な注文をしていると思いました・・・「1日で直して」と言っているようなものですから・・・。

その翌日、朝早い時間にディーラーさんが連絡をくれました。
やはり、ダイナモの故障だそうです(/_;)
しかし、作業自体は時間のかかるものではなく、運が良いことに部品もありその日のうちに直るとのこと\(^o^)/


修理屋さんありがとう!
でもたぶん、入庫したときに話した整備士さんがかなり段取りよくやってくれたんだと思います。

そして本日金曜日、バスを受け取りに行ってきました。

正常!(^O^)
これが調子の良いダイナモの充電量ですよね!!

なんて綺麗なダイナモなんでしょ笑
よく回り、よく発電し、よく充電してくれます(´∀`)

私の無理な注文に応えてくれた整備士さんありがとう(^。^)
せっかく素早く直してくれたのに、明日の仕事が雨でキャンセルになってしまったことは整備士さんには言えませんでした笑

                                                 N・I

朝から整備(^。^)

皆様おはようございます(^O^)/
今日は朝からマイクロバスのバッテリー点検とガーラのストレーナー清掃をやりました。

8月も後半になり、もうすぐ9月になります。
弊社も皆様のおかげで忙しくさせて頂いております<m(__)m>
今年の猛暑の中ガンガンエアコンを回し、冷却水もガンガン回しましたので点検しておこうと思いました(^_^;)

まずマイクロバスのバッテリーから。

ちょっとブレてる笑

蓋を開けて中を確認すると、バッテリー液がちょっと減っていますね。
今年の夏もマイクロバスは大活躍でしたからバッテリー液も減りますね笑
バッテリー液を補充して終了。
次はガーラです・・・この時点で外は暑いのでさらに暑くならないうちに終わらせないと( ゚д゚ )

温水ストレーナー。
蓋を取って中に入っている網を取り出し、ごみを掃除します。
中を見ると、以前新品に交換したのでよくごみが溜まっています、ちゃんとごみを止めてくれてますね\(^o^)/

気温が上がってきました。
なので、インスタグラム用のひまわりを撮影して事務所に入ります(´∀`)

                                                 N・I

ナンバー灯の交換(^。^)

ガーラのナンバー灯が塩カリや雨で錆びてしまい、交換しました(^_^)v

ゴムやネジがピカピカw
明るく照らしてくれます\(^o^)/

外す前、表から見るとそんなに酷くはないのですが、外してびっくりしました・・・すごく錆びてる!!
しかも、叩いて錆を落とすと穴が開いていました(;O;)

電球は問題なくつきますが、ここまで錆びると「交換だな」と思ってしまいますね(^_^;)
もう片方は問題ないので予備の部品としてとっておきましょう笑

                                                   N・I

バスのタイヤの日焼け対策(^。^)

 
今年の夏は日当たりが良すぎていますのでゴムの劣化が心配です。
 

ゴムが劣化してヒビが入ったらバーストの原因にもなります。

 

バスのタイヤはそんなに弱くはありません、心配しすぎと思われるかもしれませんができる予防はしておきたいのです(^O^)/
 

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへ交換\(^o^)/

ブログをご覧戴いている皆様こんにちは(^○^)
今日は風が無く、暖かくて過ごしやすい1日でしたねwww

今日はバスのタイヤ交換をしてきました。
今年の冬は特に厳しく「スタッドレスタイヤがあってよかった」と感謝する機会が多かったです笑
段々暖かくなり、あっという間に夏がきますので、スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換しなきゃですね(´∀`)

朝1番にバスをヨコハマタイヤさんに持っていったら昨日運んだノーマルタイヤがすでに準備されていました。
希望の空気圧を伝え、私は何もできないので待合室で将棋のアプリをやりながら待機してました笑

待合室に「ガガガガッ!ガガガガッ!」というエアインパクトレンチの音が聞こえてきます、無駄な音はしない・・・さすがプロですね(^^♪

大型車両になるとエアインパクレンチは持てないくらい大きくなります。

タイヤチェンジャー。

タイヤを外した状態です。
この機械が無い時代・・・タイヤをホイールから外す作業はとても大変だっただろうなぁ(^_^;)

タイヤを脱着してトルクレンチで規定トルクまで締めて作業終了。
今日は2台交換して、明日はマイクロバスのタイヤを交換に行きます。

事務所に帰ってきてから、今度はタイヤチェーンの保管作業です。

来年まで使わないのでスプレーグリスを丁寧にまんべんなく着けて保管します。
バスのタイヤチェーン、結構大きいでしょ?笑

さて、今日はここまでにして帰ります、お疲れ様でした(∩´∀`)∩ワーイ

                                                 N・I

セレガが車検から帰ってきました(^。^)

先週車検に出したセレガが帰ってきました(^。^)

ディーラーさんに普段私では確認できない細かいところまで点検してもらいリフレッシュして帰ってきました。

運転していて異常を感じる所はなく、スムーズに車検を通して帰ってくると思っていたのですが先週の木曜日にディーラーさんからお電話がきました。
私は「車検が終わりました」という連絡だと思っていましたが、内容はハブベアリングの異常を発見したとの連絡でした(:_;)
しかも、4輪全部。

症状は「粉が吹いていて、少なからずガタがきている」とのことでした。

バスはお客様をお乗せして走るもの、ハブベアリングは走っている間は常に回転していて最悪の場合火災する恐れがあります。
そのままにしても来年の車検までもたないだろうということで迷わず交換をお願いしました。

今回の車検では大きな異常はハブベアリングだけでした(^○^)
燃料フィルターを交換して、タイミングベルトも全部交換しました。
絶対はないですが、これで今年もお客様をお乗せできます☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

セレガが帰ってきて、外したハブベアリングを回してみました。

なるほど、ガタがきてます。

車検に出して区切りがいいので、インジェクションクリーナーも入れることにしました。

今回の車検で、インジェクション、ハブベアリング、ベルト類、ミッションとデフオイル、その他リフレッシュですね(∩´∀`)∩ワーイ

年明けのチェック(゚∀゚)アヒャ

今日の事務所・・・というか茂原はとても寒いです。
年末から今日まで、ずっとバスもお正月休みでしたから異常がないか心配なので試走してきましたwww

日常点検程度に車両をチェック。
暖房もよく効いて、走行している間も問題無しでした(∩´∀`)∩ワーイ

しかしですね・・・私の経験上、長いお休みの後に調子よく走れても必ず開けてチェックしなければならないものがあります( ´゚д゚`)エー

それはバッテリーです。

最近のバスは電子制御されている部品が多く24時間電気を使っています。
なので、バッテリー液が減ってないと考えるのは甘いと思っています。
放電の可能性も考慮するとなおさらですね笑

というわけでバッテリーのチェックです。
こういう風に付いてます。
バスやトラックになるとバッテリーもだいぶ大きいものになります。
1つでも大きいのに2つ付いてますからねー笑

余談ですが、以前バッテリーを点検してる時にお客様がいらっしゃいまして、ご覧になられたら「えっ!バスのバッテリーってこんなにデカいのっ!」と驚かれていたのを思い出しました(^○^)

さて、蓋を開けてみると・・・
規定値までちゃんと入っていました。
他のところも点検しましたがちゃんと入ってました( ・∀・)イイ!!

上の写真は私が担当する車両ですが、もう1台の車両は4か所ほど液が減っていました。
バッテリー液を規定値まで入れて終了です。

最後にマイクロバスのバッテリーを点検して終わりになります。

今日の仕事はこれで終わり。

3連休だー(^○^)
私は明日から草津へスキーに行ってきます!ε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ イッテキマース

                                                 N・I

11月10日 整備(^。^)

今年の秋も皆様のおかげで大変忙しくさせて頂いております<(_ _)>

しかし、忙しいのを理由にバスの整備を怠ることはしてはいけませんよね。

今月も点検項目以上のメンテナンスをやっています。

今回のお話はエアクリーナーと温水ストレーナーです。

まずはエアクリーナーから。

こういうものです。
写真で見るとそんなに大きくは見えないのですが、実際は結構大きな部品なんですね。

横に付いてるバンドをずらして、蓋を取ると。

こういう風に付いてます。
このカートリッジ式のエアクリーナーを抜き取ると。

キタナーイ!(:_;)
エアクリーナーって毎月点検してても、目で見て綺麗でも拭き取ると結構汚れていることが多いんですね。
ここでの注意点としては、ウェス等で筒の部分だけ拭いても足りないです。
真ん中のエンジンに吸気されるところ、それと画像左上の板の内側も点検と清掃しなければなりませんね。
この部分によくわからないものが張り付いていたりすることがあるのです。

外側キタナーイ!(:_;)
エアクリーナー本体です。
取り外してゴミとか噛んでないか、内側の汚れはどうかを点検します。
このくらいの汚れであれば、車検のときまでもつでしょう。

 

さて次は、温水ストレーナーの掃除です。

こういう部品です。
ラジエター液や温水が循環したときにゴミを取る役目をします。
この温水ストレーナー、掃除しないと大変なことになりかねない部品です。

蓋を取り中の網を取るとこういう風になってます。

この網がゴミを取る役目をしてくれます。
まぁ、このストレーナーは網を変形させないように掃除するのと、頭のゴムパッキンが傷んでないかを確認して終わります。

このストレーナー、当社は2年か3年に一度交換するんですね。
私の勝手な考えですが、年数が経ったストレーナーをよく見ると若干隙間が広くなってきているように見えるんです。

今回のお話はここまで(^_^)/

                                                    N・I